税理士ニーズの多様性

税理士の転職市場ですが、多様性が見られるようになってきています。税理士の転職先と言われると、一昔前までは、税理士事務所や会計事務所がほとんどと言われていました。しかし最近では、税理士が活躍することができる職場に、多様性が見られるようになってきています。日本では長らく不景気の状況が続いています。また正直言って、この不景気を脱することができるような方策も見つからない状況が続いていると言われています。このため、転職や就職をするには厳しい状況が続いていると言われています。しかしその中でも税理士は、転職先が見つかりやすいと言われています。税制は毎年改正されていますので、税務のプロフェッショナルである税理士は求められる傾向にあります。また企業の経営についても高度な判断が求められるようになっています。その部分で、税理士に対して、コンサルティング的な業務を求める傾向も強くなってきています。もし語学力も有していれば、さらに転職先を広げることもできます。現在ではグローバル化がどんどん進んでいるところがあります。このため、国際税務に携わることができる人や海外の企業に対してM&Aを仕掛ける時の指南役として、税理士を求めるところもあります。いろいろな税務についての経験を積んでいればいるほど、転職マーケットにおけるあなたの商品価値は、ますます上昇することになるでしょう。

ページの先頭へ

税理士事務所に転職する

税理士 転職税理士の転職先として、税理士事務所も考慮に入れておいてもいいでしょう。大手の是利子事務所では、業務拡大に伴って、人員の確保に躍起になっているところもあります。特に移転価格や国際税務といった国際業務ができる人や企業再生やM&A、組織再編のような税務デューデリジェンストいったことをやったことがある人は、重宝される傾向があります。業務内容が大手税理士事務所を中心に多様化しているので、いろいろな経験を持っている税理士は、自分を高く売り込むことができるでしょう。また税務会計系のコンサルティング会社で、税理士を求める傾向もあります。この場合、税務申告の業務が中心となります。しかしそのほかにも、会社の再生や再編、事業承継の業務に携わったことがある人は、高く評価される傾向があります。コンサルティング業務では、M&Aのアドバイザリーファームや投資ファンド、企業再生ハンズオンのコンサルファームといったところでも、経験のある税理士に対するニーズが高まってきていると言われています。

ページの先頭へ